「2017年」タグの記事一覧(2 / 2ページ目)

結婚式2次会の服装を同色系でオシャレに合わせるお呼ばれコーデ術

二次会

結婚式や2次会ではオシャレはしたくても、派手にしたくないと考える人もいます。あまり派手にしたくないということで、同色系でまとめるコーディネートで結婚式に参列する人も多いです。同系色でありながらもオシャレに着こなせる方法を紹介していきます。フォーマルさがあるドレスやワンピースを着ることで地味さを抑えることもできます。逆に、同色系のコーディネートにすることで上品で可愛らしい演出ができるので、大人な女性を演出することも可能です。頑張り過ぎないコーディネートであれば、結婚式の披露宴でも2次会にも参加できる衣装となるので一石二鳥となります。

結婚式にぴったりのおしゃれなボレロ選びのコツ

服装

ボレロでオシャレ感や上品さ、可愛らしさを演出したいのであればレースタイプの丈が短いボレロが特にオススメです。ボレロを選ぶ際はできるだけドレスを選びに行った時に、ドレスとボレロの色合いを考えながら選ぶと上手くコーディネートできるようになります。ドレスが手元にある場合だとボレロを選ぶ際に迷うことがなくなり、簡単にボレロを選べるようになります。結婚式では肩が出るドレスがNGとなっているため、ボレロや羽織物を着て参列する必要があります。ドレスに合わせるボレロや羽織物で困ってしまうという人も多く、羽織物をどう合わせて良いか分からないという声も多いです。

何回も着回せる卒業式・入学式セレモニースーツの選び方

服装

子供さんを抱えているご家庭では、3月や4月になると卒園式や卒業式、謝恩会や入学式といった行事が増えます。こういった行事のたびに、セレモニースーツを購入するのはもったいないと考える人も多いです。セレモニースーツは子供さんを抱えているお母さんにとって、なくてはならない必需品になります。卒業式や入学式に着る機会が多くなるため、着回しができるセレモニースーツを選ぶ必要があります。最近ではショッピングモールで安く購入できるようになり、上下セットで購入できる物も増えています。

結婚式や二次会でブルー系ドレスをオシャレに着こなすコーデ術

服装

ドレスの色がスカイブルーのようにはっきりとしたキレイな色であれば、小物の色を抑えてパープルでも薄い系統の物を合わせるようにしましょう。ドレスの色が深いブルーであればバックやパンプスなどの小物をレッドにして、差し色の感覚で使うのがオススメとなっています。この色合いは人とダブってしまうことが少ないので、自分なりのコーディネートをしたいという人には特にオススメです。結婚式では華やかな衣装を身にまとって、新郎新婦を祝うという風習があります。華やかな色としてはイエローやピンク、レッドやブルーといった色のドレスが好ましいようです。その中でもブルー系のドレスを結婚式に着ていくという人はとても多く、同じようなコーディネートになってしまうこともあります。

フォーマルシーンで着まわせる大人かっこいい謝恩会服装コーデ術

服装

謝恩会はホテルやレストラン、ホールなどで行われることが多いです。謝恩会が行われる開催会場やタイミングに応じて、ドレスコードが異なります。オシャレなママたちに近づける、華やかになるコーディネートを紹介していきます。謝恩会では、パンツスタイルやワンピースで参加した方が大人かっこいいコーディネートになると考えられます。ワンピースであればキレイさが際立つコーディネートになり、周りから好印象に見られること間違いなしです。色は派手になり過ぎないように紺や黒といった色に、さし色を加える感じがベストとなっています。

【マタニティ・妊婦向け】結婚式の服装選びで悩まないお呼ばれドレスの選び方

服装

結婚式にお呼ばれしたのに、妊婦でドレスが着れないと思っていませんか?体調が良いにもかかわらず結婚式に出席しないというのは、友人にも悪い気がすると思う人もいます。結婚式に、妊婦さんでも着られるドレスを紹介していきます。マタニティー用や妊婦さん用のドレスというものもあり、わざわざ買っても1回しか着ないだろうな、と思う人も多いでしょう。最近では、マタニティー用のドレスをレンタルで貸してくれるところもあります。マタニティー用のドレスはそんなに着る機会がないため、レンタルで借りるのもオススメといえます。

同窓会の服装コーデ2017年最新版★さりげなく周囲と差をつける着こなし方

服装

同窓会に招待されたけど何を着て行ったら良いのか分からずに、服装で悩んでいる人はとても多いです。同窓会というのは同じ年代の人たちが集まるため、特にオシャレに対して敏感になる必要があるでしょう。その年代に流行っているアイテムを取り入れるだけで、普段着が見違えるようなコーディネートになることもあります。自分に合ったコーディネートをすることで、頑張り過ぎずさりげない着こなしができるようになり、周りの人との差をつけられるコーディネートになります。その時々に合ったトレンドをファッションに取り入れることによって、流行のコーディネートをすることができるでしょう。

結婚式お呼ばれドレスに合わせるパンプスのおしゃれコーデ術

服装

結婚式ではいくつものマナーがあり、マナーを知っていないと恥をかいてしまうこともあります。結婚式に参列する際は、つま先の部分が隠れるパンプスを履くのが基本となっています。露出が多いサンダルやミュール、ブーツなどは結婚式にはふさわしくありません。結婚式にお呼ばれした際は、まずドレスを決めてからバッグやアクセサリー、パンプスなどを選んでいきます。ドレスが決まっていることでパンプスもある程度決めやすくなりますが、オシャレに決めるためにはどうしたら良いのでしょうか?パンプスで気をつけなければならない注意点について紹介していきます。

ページの先頭へ