「3色コーデ」タグの記事一覧

初心者が迷いがちな結婚式ドレスの配色コーディネートまとめ

服装

結婚式の配色コーデには基本的なルールにのっとって、コーディネートを決めていくことが必要になります。コーディネートするのが面倒だからといって、2色コーデで結婚式に参列するのはやめましょう。2色コーデで結婚式に参列すると、マナーを守っていないと思われてしまうこともあります。初心者でも配色コーデを参考にすることで、上級のオシャレをできるようになるでしょう。2:1の配色コーデの作り方としては、バッグとネックレスの色を同じ色にした場合、パンプスをブラックにして2:1の組み合わせを作ることも可能です。

【10代20代女性】初心者でも簡単に着こなせる結婚式お呼ばれ3色コーディネート

服装

結婚式に参列する時の配色コーデは、3色が基本となっています。配色のバランスを考えるポイントは、主役の色が7割になるようにして小物系の色を2割程度、アクサセリーで1割にするとコーディネートが上手くいくようになります。3色コーデが上手くいかないという人は、できるだけ3色コーデの割合を考えてコーディネートをするようにしましょう。3色コーデはオシャレに可愛らしく演出することもできるので、若くても上品な雰囲気を作り出すこともできます。10代や20代というのは、結婚式に参列したことがないという人が多くいます。そんな中、結婚式の招待状が届いてしまった時は、どんなコーディネートを心がけたら良いのでしょうか?初心者でも分かりやすい配色コーデや、全体のバランスが良くなる方法について紹介していきます。

結婚式2次会の服装を同色系でオシャレに合わせるお呼ばれコーデ術

二次会

結婚式や2次会ではオシャレはしたくても、派手にしたくないと考える人もいます。あまり派手にしたくないということで、同色系でまとめるコーディネートで結婚式に参列する人も多いです。同系色でありながらもオシャレに着こなせる方法を紹介していきます。フォーマルさがあるドレスやワンピースを着ることで地味さを抑えることもできます。逆に、同色系のコーディネートにすることで上品で可愛らしい演出ができるので、大人な女性を演出することも可能です。頑張り過ぎないコーディネートであれば、結婚式の披露宴でも2次会にも参加できる衣装となるので一石二鳥となります。

結婚式や二次会でブルー系ドレスをオシャレに着こなすコーデ術

服装

ドレスの色がスカイブルーのようにはっきりとしたキレイな色であれば、小物の色を抑えてパープルでも薄い系統の物を合わせるようにしましょう。ドレスの色が深いブルーであればバックやパンプスなどの小物をレッドにして、差し色の感覚で使うのがオススメとなっています。この色合いは人とダブってしまうことが少ないので、自分なりのコーディネートをしたいという人には特にオススメです。結婚式では華やかな衣装を身にまとって、新郎新婦を祝うという風習があります。華やかな色としてはイエローやピンク、レッドやブルーといった色のドレスが好ましいようです。その中でもブルー系のドレスを結婚式に着ていくという人はとても多く、同じようなコーディネートになってしまうこともあります。

ページの先頭へ