「結婚式」タグの記事一覧(2 / 2ページ目)

結婚式や二次会でブルー系ドレスをオシャレに着こなすコーデ術

服装

ドレスの色がスカイブルーのようにはっきりとしたキレイな色であれば、小物の色を抑えてパープルでも薄い系統の物を合わせるようにしましょう。ドレスの色が深いブルーであればバックやパンプスなどの小物をレッドにして、差し色の感覚で使うのがオススメとなっています。この色合いは人とダブってしまうことが少ないので、自分なりのコーディネートをしたいという人には特にオススメです。結婚式では華やかな衣装を身にまとって、新郎新婦を祝うという風習があります。華やかな色としてはイエローやピンク、レッドやブルーといった色のドレスが好ましいようです。その中でもブルー系のドレスを結婚式に着ていくという人はとても多く、同じようなコーディネートになってしまうこともあります。

【マタニティ・妊婦向け】結婚式の服装選びで悩まないお呼ばれドレスの選び方

服装

結婚式にお呼ばれしたのに、妊婦でドレスが着れないと思っていませんか?体調が良いにもかかわらず結婚式に出席しないというのは、友人にも悪い気がすると思う人もいます。結婚式に、妊婦さんでも着られるドレスを紹介していきます。マタニティー用や妊婦さん用のドレスというものもあり、わざわざ買っても1回しか着ないだろうな、と思う人も多いでしょう。最近では、マタニティー用のドレスをレンタルで貸してくれるところもあります。マタニティー用のドレスはそんなに着る機会がないため、レンタルで借りるのもオススメといえます。

結婚式お呼ばれドレスに合わせるパンプスのおしゃれコーデ術

服装

結婚式ではいくつものマナーがあり、マナーを知っていないと恥をかいてしまうこともあります。結婚式に参列する際は、つま先の部分が隠れるパンプスを履くのが基本となっています。露出が多いサンダルやミュール、ブーツなどは結婚式にはふさわしくありません。結婚式にお呼ばれした際は、まずドレスを決めてからバッグやアクセサリー、パンプスなどを選んでいきます。ドレスが決まっていることでパンプスもある程度決めやすくなりますが、オシャレに決めるためにはどうしたら良いのでしょうか?パンプスで気をつけなければならない注意点について紹介していきます。

結婚式に何色のドレス着てく?絶対着たいお呼ばれ結婚式ドレスコーデ

服装

結婚式にゲストとして招待された場合、何色のドレスを着ていこうか迷うことも多いです。結婚式では白いドレスは花嫁だけしか着てはいけないため、白いドレスは着てはいけない決まりになっています。それ以外であればどんなドレスの色でも良いので、自分の好きな色のドレスを着用して結婚式に参列することができます。

ページの先頭へ