「結婚式コーデ」タグの記事一覧

結婚式での受付の服装|押さえるべきポイントまとめ

服装

結婚式の受付は様々な方が訪れるので、暗めの色の衣装で行った方が良いのではないか、と思う人も多いと思います。しかし、受付の男性は基本的に暗い印象のスーツとなってしまうため、女性はその部分にも配慮して明るめの色の衣装を選んだ方が良いでしょう。明るい色のドレスを着ていくことで華やかな印象となり、受付に来た方々のお祝いムードを高めることもできます。結婚式の受付を行う際は、動きやすさも重視してコーディネートをするようにしましょう。受付では手や腕をよく使うため、進行をスムーズにするためにも動きやすい格好がベストとなります。

結婚式でグリーン系ドレスを着たい女性におすすめのお呼ばれコーデ

服装

普段からグリーンが好きで、グリーンの服ばかりを好んで着ている人もいます。結婚式でもグリーンのドレスが着たいけど、コーディネートが難しそうだということで断念してしまう人も多いです。グリーンのドレスを上手に着こなして、大人の女性として結婚式に参列する際は、どういったコーディネートにした方が良いのでしょうか?グリーンのドレスを選ぶ場合は、濃い色合いを主の色としてコーディネートを進めていくと合わせやすくなります。濃いグリーンはベージュとのコーディネートが抜群で、パンプスやバッグをベージュにすることで、大人っぽい印象に変えることができます。

【10代20代女性】初心者でも簡単に着こなせる結婚式お呼ばれ3色コーディネート

服装

結婚式に参列する時の配色コーデは、3色が基本となっています。配色のバランスを考えるポイントは、主役の色が7割になるようにして小物系の色を2割程度、アクサセリーで1割にするとコーディネートが上手くいくようになります。3色コーデが上手くいかないという人は、できるだけ3色コーデの割合を考えてコーディネートをするようにしましょう。3色コーデはオシャレに可愛らしく演出することもできるので、若くても上品な雰囲気を作り出すこともできます。10代や20代というのは、結婚式に参列したことがないという人が多くいます。そんな中、結婚式の招待状が届いてしまった時は、どんなコーディネートを心がけたら良いのでしょうか?初心者でも分かりやすい配色コーデや、全体のバランスが良くなる方法について紹介していきます。

結婚式にぴったりのおしゃれなボレロ選びのコツ

服装

ボレロでオシャレ感や上品さ、可愛らしさを演出したいのであればレースタイプの丈が短いボレロが特にオススメです。ボレロを選ぶ際はできるだけドレスを選びに行った時に、ドレスとボレロの色合いを考えながら選ぶと上手くコーディネートできるようになります。ドレスが手元にある場合だとボレロを選ぶ際に迷うことがなくなり、簡単にボレロを選べるようになります。結婚式では肩が出るドレスがNGとなっているため、ボレロや羽織物を着て参列する必要があります。ドレスに合わせるボレロや羽織物で困ってしまうという人も多く、羽織物をどう合わせて良いか分からないという声も多いです。

結婚式や二次会でブルー系ドレスをオシャレに着こなすコーデ術

服装

ドレスの色がスカイブルーのようにはっきりとしたキレイな色であれば、小物の色を抑えてパープルでも薄い系統の物を合わせるようにしましょう。ドレスの色が深いブルーであればバックやパンプスなどの小物をレッドにして、差し色の感覚で使うのがオススメとなっています。この色合いは人とダブってしまうことが少ないので、自分なりのコーディネートをしたいという人には特にオススメです。結婚式では華やかな衣装を身にまとって、新郎新婦を祝うという風習があります。華やかな色としてはイエローやピンク、レッドやブルーといった色のドレスが好ましいようです。その中でもブルー系のドレスを結婚式に着ていくという人はとても多く、同じようなコーディネートになってしまうこともあります。

【マタニティ・妊婦向け】結婚式の服装選びで悩まないお呼ばれドレスの選び方

服装

結婚式にお呼ばれしたのに、妊婦でドレスが着れないと思っていませんか?体調が良いにもかかわらず結婚式に出席しないというのは、友人にも悪い気がすると思う人もいます。結婚式に、妊婦さんでも着られるドレスを紹介していきます。マタニティー用や妊婦さん用のドレスというものもあり、わざわざ買っても1回しか着ないだろうな、と思う人も多いでしょう。最近では、マタニティー用のドレスをレンタルで貸してくれるところもあります。マタニティー用のドレスはそんなに着る機会がないため、レンタルで借りるのもオススメといえます。

ページの先頭へ