「マナー」タグの記事一覧

【10代20代女性】初心者でも簡単に着こなせる結婚式お呼ばれ3色コーディネート

服装

結婚式に参列する時の配色コーデは、3色が基本となっています。配色のバランスを考えるポイントは、主役の色が7割になるようにして小物系の色を2割程度、アクサセリーで1割にするとコーディネートが上手くいくようになります。3色コーデが上手くいかないという人は、できるだけ3色コーデの割合を考えてコーディネートをするようにしましょう。3色コーデはオシャレに可愛らしく演出することもできるので、若くても上品な雰囲気を作り出すこともできます。10代や20代というのは、結婚式に参列したことがないという人が多くいます。そんな中、結婚式の招待状が届いてしまった時は、どんなコーディネートを心がけたら良いのでしょうか?初心者でも分かりやすい配色コーデや、全体のバランスが良くなる方法について紹介していきます。

結婚式サブバッグの選び方とマナーまとめ

マナー

結婚式で使用するサブバッグといっても、色々と考えてバッグを選ぶ必要があります。オシャレにドレスを着こなしたいのであれば、サブバッグをスマートに使いこなすのがオススメです。小ぶりのフォーマルタイプのサブバッグがオススメとなり、オシャレ感をアップさせる小物としても使用価値が上がります。ドレスやパンプスの色が控えめで華やかさに欠けるときは、コーディネートのワンポイントとしてサブバッグを明るい色にするのも良いでしょう。

結婚式・二次会向け|ベージュ色のお呼ばれドレス着こなし術

服装

ベージュのドレスだけでは華やかさに欠けてしまうため、パンプスやバッグ、小物系でアクセントをつける必要があります。アクセントの付け方には色々ありバッグの色を濃いものにしたり、パンプスの色をゴールドに近いものを入れることによって華やかさがあるコーディネートになります。ベージュという色はかなり目立たなくて、大人しめの色になってしまわないかと思う人もいます。しかし、ベージュは結婚式に最適な色合いで、華やかさやオシャレ感、可愛らしさを演出できる色です。

結婚式お呼ばれドレスに合わせるパンプスのおしゃれコーデ術

服装

結婚式ではいくつものマナーがあり、マナーを知っていないと恥をかいてしまうこともあります。結婚式に参列する際は、つま先の部分が隠れるパンプスを履くのが基本となっています。露出が多いサンダルやミュール、ブーツなどは結婚式にはふさわしくありません。結婚式にお呼ばれした際は、まずドレスを決めてからバッグやアクセサリー、パンプスなどを選んでいきます。ドレスが決まっていることでパンプスもある程度決めやすくなりますが、オシャレに決めるためにはどうしたら良いのでしょうか?パンプスで気をつけなければならない注意点について紹介していきます。

ページの先頭へ